Sleep Rest Clinic 幕張

WEB予約 電話アイコン電話する

BLOG

ブログ

令和3年6月の活動報告


令和3年6月の活動報告です。まもなくオリンピックが開催されます。海浜幕張周辺も控えめながらそれらしい横断幕などが掛かり始めました。本来ならば一生に一度の祭典であるはずがそのような盛り上がりを見せることが出来ずにただただ残念に思います。デルタ株の猛威は東京から千葉県へ瞬く間に移行しております。今一度感染予防の基本に立ち戻り、自己免疫力を上げるための良質な睡眠とは何かお考えいただきたいと思います。

CPAP管理件数

  1. 総導入数(R1.6より)  884名
  2. 現管理件数       706名
  3. 当月新規導入件数    23名
  4. 当月他院からの転入件数 0名
  5. 男女別人数(総導入数) 男性681名 女性203名
  6. 中止累計件数 177名(当月10名、他院転院、改善による治療終了含む)

今月は前月より導入件数が増加しました。デルタ株の流行により、基礎疾患への関心が高まり、睡眠時無呼吸症候群の重症化が注目されている関係で受診の依頼が急激に増えております。夜間の低酸素状態がウイルスの増殖に関係しているとのことでそのケアの重要性が増しております。人との接触を減らす感染予防が第一で、万が一感染した時の重症化予防としてしっかりとCPAPを利用していくことが大切です。少しでも気になる方は睡眠検査を行うことをお勧めします。なお、現在CPAPユーザーに置かれましてもしっかりと使いこなして頂ければと思います。

 先月もお知らせしましたが、CPAPの設定は夏期と冬期では異なります。エアコン設定、加湿器の有無、ピローマスクへの変更等、季節によって合わせていくことが大切です。使用感についてお困りがあれば遠慮なく当院までお問合せください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CATEGORYカテゴリー

POSTS最近の投稿

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop