Sleep Rest Clinic 幕張

WEB予約 電話アイコン電話する

BLOG

ブログ

令和2年2月の活動報告


今月は世界にとって大きな影響を与えるであろう新型コロナウイルスの感染始まりとなりました。もっとも中国では1月から都市封鎖が始まったりして「まるで映画」のような光景に現実離れした感覚を持った方も多かったでしょう。しかしそのわずか1か月後には各国でロックダウンが発生し、我々の想像を絶する主要都市の閑散とした光景が今や「日常」のようになってきました。

 当院においても先行きの不安な患者様が後を絶ちません。当院は睡眠に関するすべてのことを全力で行っていきたいと思います。

CPAP療法件数

  1. 総管理件数       360名
  2. 当月新規導入件数    33名
  3. 当月他院からの転入件数 1名
  4. 男女別人数 男性282名 女性103名
  5. 中止累計件数 24名(当月2名、他院転院、改善による治療終了含む)

 当月のCPAP導入件数は1月の年末年始の影響で若干落ち着いた状況となりました。大型連休の後(例えばお盆後の9月)は検査結果の遅れなどがあり導入件数が落ち込む傾向にあります。3月以降またCPAPを始められる方が増加すると思われます。

 冬季はCPAP導入時期としては1年の中で最も適さない時期であると思います。主なトラブルとしては、CPAP導入時の不慣れに加えて、喉の乾燥・送り込まれる空気の冷たさ・花粉症による鼻閉があります。そういった方に対してCPAP療法士は経験及び他の患者様の成功事例から適切にアドバイスさせて頂いております。  

 新型コロナウイルスによる猛威はまだ留まるところをしりません。治療薬のない今、我々は自己免疫、抗体力に頼るしかありません。それを高めるためにしっかりとした栄養と睡眠が大切です。当院は通常診療をしておりますので遠慮なくご相談ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CATEGORYカテゴリー

POSTS最近の投稿

ARCHIVE月別アーカイブ

pagetop